事業性融資もカードローンの時代!「借りれない」が「借りれる」に代わるを重視したおすすめのビジネスローンとは?

ビジネスローンをカードローン

 

に進化させた会社があります。

 

それが

 

ビジネクスト

 

です!

 

過去において、事業性融資がカードローン型
でサービスを受けることができる会社はありませんでした。

 

銀行ではなかなか審査が通らない
ことの多い事業性融資ですが、

 

ビジネクストでは「赤字決算でも問題なく
申し込み」ができ、しかも、

 

実際の審査体験談では、わずかな利益の
個人事業主でも審査通過をされています。

 

その特徴やおすすめポイントを銀行と
比較しながら詳しくご紹介しますので、

 

ぜひ最後まで読んでみてください!

 

ビジネスローンもカードがおすすめ!いつでもカードが使える事業性融資のビジネクスト

 

みなさまようこそ当サイトへ!私、このサイトの執筆・監修をしています、「しんたろう」と申します。今回はカードローンでビジネス融資を行っているビジネクストの会社について取材情報ご紹介します!ぜひ参考に利用してみてください。


 

過去にカードローンで事業性融資を受けるサービスはなかった理由

事業性融資が行われる場合、

 

まず、申し込みにいく会社は、
銀行というのが、今までは当たり前
でした。

 

会社への融資。よくテレビ番組でも
工場の社長が銀行から融資を
断られて、倒産した。。

 

というようなドラマを見たことがある
方も多いと思います。

 

会社への融資は、

 

銀行が→申し込み会社の決算書や事業計画書を見て→厳しい目で審査を行い→結果を報告

 

という流れで行われていました。

 

今でもこの流れは普通にあるのですが、
なぜこのように銀行でしか申し込みが
できないのでしょうか?

 

そもそも事業性融資サービスが銀行しかなかった

 

昔は事業での資金のお金を貸す
ことができる会社は銀行しか
ありませんでした。

 

今では、「お金を貸す」という資金集め以外に、
株主からお金を集める、投資案件を作って
募集を行うといった形での資金集めが
あり、

 

事業での資金集めには選択肢は広がっています。

 

金利は低金利で融資することが相場だった

 

事業融資での金利は銀行の場合、年2%~4%程度の
金利で貸し出しをしています。この金利は例えば、

 

個人向け銀行カードローンの金利、年14%台と
比べるととても低い金利でのサービスとなります。

 

ですので、銀行の利益が少ないため、審査を
しっかりと厳しくし行い、倒産による損害を
なくすために神経を使っています。

 

なので、「審査がなかなか通らない」と嘆く
事業主が多いわけです。

 

しかし、これほどの低金利で融資を行う
ことは、他の会社が追従しようとしても、
ハードルが高く、審査のノウハウをもって
いる会社もほとんどなかったため、

 

銀行が独占的にサービスを行っていたわけです。

 

上部topに戻る

コンビニATMが事業性融資をカード型に進化させた

しかも、銀行の事業性融資の場合、
審査に通ると、まず融資額をいくらい
するか?が決定されます。

 

その融資額を全額申し込み会社に
振込で融資をします。

 

その後は、毎月利息を上乗せして返済を
していきます。

 

このときに、例えば、「融資額のうち今月は○○円だけ
融資してください」

 

というような、細かい融資指示をすることはできません。

 

申し込み用紙に必要な希望融資額を
書けば、その金額をもとにいくら貸せるか?

 

を銀行が決め、全額融資されます。

 

当然、融資額は多いほど利息も大きくなります。

 

コンビニのATMが銀行ATMやカードローンATMに

 

今までは、銀行振込か銀行のATMサービスしか
お金のやり取りができなかった時代から、

 

インターネットの普及により、ネット銀行ができ、
そしてコンビニにもお金のやり取りができるATM
が設置されだすと、

 

「コンビニでもお金に関するカードが使える」
というサービスができ、

 

お金の流れが180度変わりました。

 

そしてこのサービスを事業性融資と融合
させて、融資を行う貸金業の会社が登場
しました。

 

それが、ビジネクストです。

 

上部topに戻る

おすすめできるビジネクストのビジネスローンをカードで使うための方法と銀行との比較

ビジネクストは、事業での融資に特化した
貸金業会社です。

 

銀行と貸金業の違い

 

まず適用される法律が違います。

 

  • 銀行・・・銀行法
  • 貸金業・・・貸金業法

 

となります。

 

 

金利の違い

 

現在では銀行と貸金業では、同じ融資事業
でも金利の違いが明確です。

 

例えば個人向け銀行カードローンの上限金利は
一般的に年14%台です。

 

それに対して、貸金業であるアコムレイクALSA(アルサ)
の貸金業の個人向けカードローンでは、年約18%となって
います。

 

事業性融資を行う貸金業のビジネクストでも、
上限金利は18%となっています。

 

もし銀行で事業性融資の審査に通過する
ことができれば、金利は年5%くらいまでで
融資を受けることができます。

 

分割融資・繰り上げ返済ができるのはカード型ビジネスローン

 

ビジネクストのカード型ビジネスローンなら、
最初に融資限度額全額をかならず借りる
必要はありません。

 

近い将来、運転資金が至急必要になりそうと
予測があれば、まず、カードだけを作っておいて、
コンビニATMで引き出せるようにしておくことが
できます。

 

また、返済に関してもカードでできますので、
いつでも繰り上げ返済が簡単に可能となります。

 

これにより、銀行の返済のように引き落とし日まで
待って返済をするのと比べて、借り入れ日数を
減らすことができ、利息支払いの軽減が可能となります。

 

 

このカードローン型事業性融資は、使いやすさ
の利点だけではなく、借りる必要がある時だけ
現金を引き出し、

 

手元に現金が入ればすぐに返済できるため、
上手に使えば利息の軽減にも役立ってくれます。

 

審査の温度感は圧倒的にビジネクストカードに注目

 

さて、一番気になるところは「審査」です。

 

最初にお話しした通り、銀行の事業性融資は
決して甘くはありません。低い金利で融資をする
わけですので、銀行側も危険な数字がないのか?

 

を必死に探して審査が行わまれす。しかも、
そもそも将来性が見えない事業と判断されれば、

 

その時点で融資の通過は難しいと考えられます。

 

しかし、ビジネクストでは、

 

赤字決算だけで融資を断ることはありません。

 

ということを提言しています。

 

この辺りは銀行とは大きく違う点です。

 

実際に小規模個人事業主のオーナーが
ビジネクストの審査を受けて、審査が通った
事例の紹介があります。

 

参考にしてみてください。↓

 

 

上部topに戻る

ネット銀行の新しいビジネスローンとは?

2019年に注目されている、

 

ネット銀行のビジネスローン

 

があります。

 

ジャパンネット銀行のビジネスローンは、
カードローンではないものの、

 

審査通過において、今までの銀行の
プロパ融資とは格段に違った内容と
なっています。

 

保証会社に「アイフル」を採用

 

銀行の事業性融資では通常、
無保証で融資する場合は銀行が
リスクをすべて負います。

 

しかし、ジャパンネット銀行のビジネスローンは
自行がリスクを負わず、貸金業のアイフルの
グループの保証会社が保証を行っています。

 

そのため、申し込み事業主は、審査が通れば
無担保・無保証で融資を受けることができます。

 

※この無担保・無保証点についてはビジネクスト
も同じとなります。

 

その分、金利が年13.8%

 

となり、店舗型銀行事業性融資よりは、
高くなっています。

 

つまり、審査の通過をできるだけ優先した
サービスといえます。

 

詳しくはこちらのページで解説
されていますので参考にしてください。↓

 

 

上部topに戻る

※銀行・貸金業からの融資は計画的に。貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。

※貸金業に関するご相談・問い合わせ・苦情は、
日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センターへご連絡下さい。


※銀行でのローンなどに関するご相談・問い合わせ・苦情は、
全国銀行協会相談室カードローン相談・苦情窓口 へご連絡下さい。


  このエントリーをはてなブックマークに追加  
このページの先頭へ戻る