カードローンのサービス会社を比較。これからのカードローンはカードレスにも注目です!

【最終更新日:2019年8月1日】

 

巷では、カードローンの顧客満足度ランキングが
発表されていますが、2019年の実態の結果は
まだ反映されていない情報が多くあります。

 

このページでは、

 

当サイトで最も多く申し込みをされている
利用者急増中の人気・おすすめカードローン
の最新版を毎月お届けしています。

 

当カードローン比較サイトでは、実際のキャッシング
で人気の会社を徹底比較、お得な新規契約キャンペーンや

 

低い金利プランなど、2019年8月の最新価格情報から
カードローンのおすすめ会社を紹介します。

 

では人気・おすすめを比較する前に、
カードローンとは?について最低限知って
おいて欲しい内容をご紹介します。

 

そもそも「カードローン」ってどんなローン?

 

カードローンはその名の通り、

 

カードを使ってお金を借りる・返済する
ことができるサービスになります。

 

銀行のATMやコンビニのATMからカード
を使って利用することができるので、

 

できるだけ手間を少なくして、ストレスなく
融資を利用することができます。

 

カードローンのメリット

 

普段の生活でなら、どうしてもお金が
足らず困ってしまう・・・というシーンに
役立ちます。

 

月末や給料前などの時に、手持ちの現金が
少なくなり、それでもいざお金が必要というときに
一時的にお金をさっと素早く借りる、

 

そして給料をもらえばすぐに返済をすることができる
大変便利な使い方ができます。

 

また、家具購入やレジャーの費用、家電の購入、
趣味の事に使うお金などで、少しまとまったお金が
必要なな時にも、

 

一度だけお金を借り、その後毎月の分割払いで
ゆっくりと返済していくこともできます。

 

カードローンを利用する際の注意点

 

金利設定があり利息がかかります

 

カードローンはお金を借りるサービスを受けるわけ
ですから、その利用料として「金利による利息」
を払う必要があります。

 

借りたお金+金利による利息=最終返済支払い額

 

となりますので、借りるお金の金額に対しての
利息の計算もしっかりと確認しておくことが大事です。

 

そうすれば安心して返済をすることができます。

 

参考 ・カードローンの金利の比較

 

個人向けと事業者向けの2つがある

 

「カードを使ってお金を借りる」ローンには、

 

  • 個人向け
  • 法人や・個人事業主の事業者向け

 

の2つのサービスに区別することができます。

 

個人向けカードローンはほとんどが、「資金使用使途フリー」
となっています。これなら個人で使うお金ならどんな
理由で借りたお金を使っても大丈夫です。

 

一方、事業者向けのカードローンでは、資金使用使途が
「事業性に係わるお金」と制限されています。

 

会社経営や事業経営での運転資金や設備資金
などに使える融資サービスです。

 

 

カードローン比較の注目点は、「借りやすい・負担が少ない」の2つ

 

「借りやすい」とは、「審査が通るハードルの目線」
を意味しています。

 

まず、「審査が通らない」とカードローンの
カードを作ることはできません。

 

「負担が少ない」とは、「金利が低い」という
ことと一致してきます。

 

審査が通過してカードローンを持つことを
できたのち、実際にお金を借りるときの
利息の負担の大小は、金利の数字に
影響されます。

 

 

「この2つの比較」をする場合は、反比例して
しまうことになりますので、最終的には貴方に
合った方法を選ぶことになります。

 

この2つのタイプのカードローンを実際の
会社に分けると、

 

貸金業銀行のカードローン

 

に区分けすることができます。

 

  • 貸金業(消費者金融)・・・借りやすい
  • 銀行・・・金利が低い

 

大まかに言うとこのように区分けすることが
できます。

 

銀行系と貸金業系のカードローンを区別して徹底比較

 

カードローンは主に、

 

銀行系と貸金業系(消費者金融)

 

の2つの会社に分かれます。

 

この2つは、互いにメリット・デメリットがありますので、
区別して考える必要があります。

 

銀行系カードローンの金利

 

幾つかのメジャーな銀行のカードローンの金利を
見ていると、一番高い金利はおおよそ14%台
ポピュラーです。

 

貸金業系のカードローンの金利

 

それに対して、貸金業(消費者金融)系のカードローン
の金利を見てみると、一番高い金利はおおよそ18%前後
となっています。

 

金利の数字を見て利息の計算をする方法
としはこちらのページで詳しく解説しています。↓

 

参考 ・カードローンの金利から利息の計算をシュミレーションしてみる

 

カードローンの金利を融資限度額別に比較

 

カードローンでお金を借りると、

 

金利・年率に対して利息を支払う

 

必要があります。

 

これは、クレジットカードで言うなら、

 

リボ払いや分割払いの手数料

 

とほぼ同じ考えで大丈夫です。

 

そして、金利・年率は

 

数字が低いほど利息の支払いが少なくなります。

 

ここは比較する重要ポイントの1つです。

 

当サイト推奨カードローン比較ナビおすすめキャンペーン

 

「新生銀行グループのレイクALSA」

 

おすすめの理由は、

 

  • 無利息キャンペーンが他の会社よりすこぶる充実
  • スマホによるカードレスでの借入返済ができる
  • 使えるATMが多い!しかも手数料は借入・返済とも無料
  • 審査結果超早い。申し込み後最短15秒で画面表示

 

など多くのメリットがあるからです!

このサイトのカードローン比較取材ページ

このページの先頭へ戻る