カードローンのサービス会社を比較。これからのカードローンはカードレスにも注目です!

【最終更新日:2019年11月2日】

 

巷では、カードローンの顧客満足度ランキングが
発表されていますが、2019年の実態の結果は
まだ反映されていない情報が多くあります。

 

このページでは、

 

当サイトで最も多く申し込みをされている
利用者急増中の人気・おすすめカードローン
の最新版を毎月お届けしています。

 

当カードローン比較サイトでは、実際のキャッシング
で人気の会社を徹底比較、お得な新規契約キャンペーンや

 

低い金利プランなど、2019年の最新価格情報から
カードローンのおすすめ会社を紹介します。

 

では人気・おすすめを比較する前に、
カードローンとは?について最低限知って
おいて欲しい内容をご紹介します。

そもそも「カードローン」ってどんなローン?

カードローンはその名の通り、

 

カードを使ってお金を借りる・返済する
ことができるサービスになります。

 

銀行のATMやコンビニのATMからカード
を使って利用することができるので、

 

できるだけ手間を少なくして、ストレスなく
融資を利用することができます。

 

カードローンのメリット

 

普段の生活でなら、どうしてもお金が
足らず困ってしまう・・・というシーンに
役立ちます。

 

月末や給料前などの時に、手持ちの現金が
少なくなり、それでもいざお金が必要というときに
一時的にお金をさっと素早く借りる、

 

そして給料をもらえばすぐに返済をすることができる
大変便利な使い方ができます。

 

また、家具購入やレジャーの費用、家電の購入、
趣味の事に使うお金などで、少しまとまったお金が
必要なな時にも、

 

一度だけお金を借り、その後毎月の分割払いで
ゆっくりと返済していくこともできます。

 

カードローンを利用する際の注意点

 

金利設定があり利息がかかります

 

カードローンはお金を借りるサービスを受けるわけ
ですから、その利用料として「金利による利息」
を払う必要があります。

 

借りたお金+金利による利息=最終返済支払い額

 

となりますので、借りるお金の金額に対しての
利息の計算もしっかりと確認しておくことが大事です。

 

そうすれば安心して返済をすることができます。

 

参考 ・カードローンの金利の比較

 

個人向けと事業者向けの2つがある

 

「カードを使ってお金を借りる」ローンには、

 

  • 個人向け
  • 法人や・個人事業主の事業者向け

 

の2つのサービスに区別することができます。

 

個人向けカードローンはほとんどが、「資金使用使途フリー」
となっています。これなら個人で使うお金ならどんな
理由で借りたお金を使っても大丈夫です。

 

一方、事業者向けのカードローンでは、資金使用使途が
「事業性に係わるお金」と制限されています。

 

会社経営や事業経営での運転資金や設備資金
などに使える融資サービスです。

 

カードローンとキャッシングの違いあるの?

 

カードローンもキャッシングも大体は
同じ意味で使われますが、

 

あえて言うなら少し違いがあります。

 

それらを比較してた解説を詳しく
ご紹介します。

 

 

上部topに戻る

カードローン比較の注目点は、「借りやすい・負担が少ない」の2つ

「借りやすい」とは、「審査が通るハードルの目線」
を意味しています。

 

まず、「審査が通らない」とカードローンの
カードを作ることはできません。

 

「負担が少ない」とは、「金利が低い」という
ことと一致してきます。

 

審査が通過してカードローンを持つことを
できたのち、実際にお金を借りるときの
利息の負担の大小は、金利の数字に
影響されます。

 

 

「この2つの比較」をする場合は、反比例して
しまうことになりますので、最終的には貴方に
合った方法を選ぶことになります。

 

この2つのタイプのカードローンを実際の
会社に分けると、

 

貸金業銀行のカードローン

 

に区分けすることができます。

 

  • 貸金業(消費者金融)・・・借りやすい
  • 銀行・・・金利が低い

 

大まかに言うとこのように区分けすることが
できます。

 

では次に、銀行系カードローンと貸金業系の
カードローンとの違いをもう少し詳しく見ていきましょう!

 

上部topに戻る

 

銀行系と貸金業系のカードローンを区別して徹底比較

 

カードローンは主に、

 

銀行系と貸金業系(消費者金融)

 

の2つの会社に分かれます。

 

この2つは、互いにメリット・デメリットがありますので、
区別して考える必要があります。

 

銀行系・貸金業系カードローンの金利の比較

 

幾つかのメジャーな銀行のカードローンの金利を
見ていると、一番高い金利はおおよそ14%台
ポピュラーです。

 

それに対して、貸金業(消費者金融)系のカードローン
の金利を見てみると、一番高い金利はおおよそ18%前後
となっています。

 

例 横浜銀行カードローン(スーパーローン)とアコム(貸金業・消費者金融)の金利の比較

 

横浜銀行カードローンの金利表

 

ご利用限度額 金利(年)
100万円以下 年14.6%
100万円超200万円以下 年11.8%
200万円超300万円以下 年8.8%
300万円超400万円以下 年6.8%
400万円超500万円以下 年4.8%
500万円超600万円以下 年4.5%
600万円超700万円以下 年4.0%
700万円超800万円以下 年3.5%
800万円超900万円以下 年3.0%
900万円超1,000万円未満 年2.5%
1,000万円 年1.5%

※2019年11月現在

 

※他の詳細やお得情報、最新情報に
ついては公式サイトを必ずご確認下さい。

 

アコムの金利表

 

ご契約極度額 適用金利(年率)
501万円~800万円 3.0%~4.7%
301万円~500万円 4.7%~7.7%
100万円~300万円 7.7%~15.0%
1万円~99万円 7.7%~18.0%

※2019年11月現在

 

金利の数字を見て利息の計算をする方法
としはこちらのページで詳しく解説しています。↓

 

参考 ・カードローンの金利から利息の計算をシュミレーションしてみる

 

カードローンの金利を融資限度額別に比較

 

カードローンでお金を借りると、

 

金利・年率に対して利息を支払う

 

必要があります。

 

これは、クレジットカードで言うなら、

 

リボ払いや分割払いの手数料

 

とほぼ同じ考えで大丈夫です。

 

そして、金利・年率は

 

数字が低いほど利息の支払いが少なくなります。

 

ここは比較する重要ポイントの1つです。

 

当サイト推奨カードローン比較ナビおすすめキャンペーン

 

「新生銀行グループのレイクALSA」

 

おすすめの理由は、

 

  • 無利息キャンペーンが他の会社よりすこぶる充実
  • スマホによるカードレスでの借入返済ができる
  • 使えるATMが多い!しかも手数料は借入・返済とも無料
  • 審査結果超早い。申し込み後最短15秒で画面表示

 

など多くのメリットがあるからです!

 

上部topに戻る

消費者金融のカードローンを比較!おすすめ4社の特徴

貸金業登録である、

 

消費者向け金融会社のおすすめ4社

 

をご紹介します。

 

4社それぞれ独自の特徴がありますので、
ぜひ比較して見てください!

 

レイクALSA

 

新生フィナンシャル株式会社が
運営するカードローンです。

 

新生フィナンシャル(株)は新生銀行が
100%株主です。

 

レイクALSAの貸付条件

 

サービスを利用できる方 満20歳以上70歳以下(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)の方で安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)は、ご利用いただけます。※お取引期間中に満71歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。
融資額の範囲 1万円~500万円
貸付利率(実質年率) 4.5%~18.0%※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。
遅延損害金(年率) 20.0%
返済方式 残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式
返済期間・回数 最長8年・最大96回(ただしカードローンは最長5年・1回~60回)※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。
必要書類 運転免許証等※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
担保・保証人 不要

 

無利息サービスの内容

 

①WEBで申し込むと初回契約翌日から60日間無利息期間適用。

 

※ご契約額が1~200万円の方が対象です。
※WEB経由で申しこんだ方が対象です。
※WEB以外で申しこまれた場合は、初回契約翌日から30日間は無利息となります。

 

 

②借入額5万円まで180日間無利息期間適用。

 

※ご契約額が1~200万円の方が対象。

 

※いずれの無利息サービスも初回契約翌日から無利息期間適用。
※無利息期間経過後は通常金利適用。
※30日間無利息・60日間無利息・180日間無利息は併用不可。

 

レイクALSAの返済例

 

利用残高 毎月の最低ご返済額 返済回数
1~100,000円 4,000円 36回以内
100,001~200,000円 8,000円 36回以内
200,001~300,000円 12,000円 36回以内
300,001~400,000円 13,000円 60回以内
400,001~500,000円 14,000円 60回以内

※契約金額により、毎月の最低返済額が異なる場合があります。

 

 

 

アコム

 

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループが
運営するカードローンです。

 

歴史が長く、テレビCMでも認知度があるので、
良く知られていますね。

 

アコムの貸付条件

 

貸付利率 3.0%~18.0%(実質年率)
契約限度額 1万円~800万円
返済方式 定率リボルビング方式
貸付対象者 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方※ なお、お取引中に満70歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。学生「※満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方」 ・主婦「※満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方」
審査時間 申し込み後最短15秒
融資スピード 最短1分・最短即日融資
提携ATM ■借り入れ・返済 セブン銀行、イオン銀行、三菱UFJ銀行、西日本シティ銀行、ローソン銀行ATM、イーネット、アコムむじんくん自動契約機ATM、北海道銀行、 東京スター銀行、八十二銀行、第三銀行、広島銀行、西日本シティ銀行、福岡銀行、親和銀行、熊本銀行、クレディセゾン
無利息サービス はじめての方なら契約日の翌日からWebで申し込むと60日間利息0円 、5万円まで180日間利息0円 ※いずれも契約額1~200万円の場合 ※無利息期間経過後は通常金利適用。 ※他の無利息と併用不可。
担保・連帯保証人 担保…不要、連帯保証人…不要
会社名 アコム株式会社(ACOM CO., LTD.)
所在地 東京都千代田区丸の内二丁目1番1号 明治安田生命ビル
登録番号 関東財務局長(12)第00022号
電話番号 0120-07-1000(代表)

 

アコムの金利

 

ご契約極度額 適用金利
1万円~99万円 7.7%~18.0%
100万円~300万円 7.7%~15.0%
301万円~500万円 4.7%~7.7%
501万円~800万円 3.0%~4.7%

※2019年10月現在

 

アコムの即日振込が可能な銀行と振込実施時間

 

アコムは申し込んですぐに借り入れができます。

 

最初はカードがなくても大丈夫です。

 

金融機関 曜日 受付時間と振込実施の目安
楽天銀行 月曜~日曜・祝日 0:10~23:50→受付完了から1分程度
ゆうちょ銀行
三菱UFJ銀行
三井住友銀行
月曜 ・0:10~8:59→当日 9:30頃
・9:00~23:49→受付完了から1分程度
火曜~金曜 ・0:10~23:49→受付完了から1分程度
土・日・祝日 ・0:10~8:59→当日 9:30頃
・9:00~19:59→受付完了から1分程度
・20:00~23:49→翌日 9:30頃
振込実施時間拡大(モアタイム)金融機関
月曜~金曜 ・0:10~8:59→当日 9:30頃
・9:00~17:29→受付完了から1分程度
・17:30~23:49→翌営業日 9:30頃
土・日・祝日 ・0:10~23:49→翌営業日 9:30頃
その他金融機関 (コアタイム)
月曜~金曜 ・0:10~8:59→当日 9:30頃
・9:00~14:29→受付完了から1分程度
・14:30~23:49→翌営業日 9:30頃
土・日・祝日 ・0:10~23:49→翌営業日 9:30頃

※「営業日」とはアコムの営業日です。

 

実際にアコムを使ってみた!口コミをチェック

 

アコムのカードローンを使っている
ユーザーの体験談・口コミをご紹介
します。

 

どんなシーンで借りているのか?
スマホの管理画面の使い方
借りている金額は?
申し込みの時の審査は?

 

などの参考情報がわかります!↓

 

 

 

 

SMBCモビット

 

SMBCモビットはSMBCグループのカードローンです。

 

同じSMBCグループには、三井住友銀行や
三井住友カードが所属しています。

 

 

三井住友銀行のATMが使えます。

 

SMBCモビットの借り入れ・返済には、

 

三井住友銀行のATMが使えます。

 

ATM手数料は、借り入れも返済も0円です。

 

 

SMBCモビットは電話連絡なしが魅力

 

SMBCモビットは、

 

WEB完結なら電話連絡なし

 

でキャッシングの申し込みができます!

 

電話なしとは、在籍確認の電話です。

 

電話でなく提出書類の確認方法で
行われるので、在籍確認の電話が
気になる方は、SMBCモビットがおすすめです!

 

 

 

 

上部topに戻る

銀行系のカードローンを比較!おすすめ3社の特徴

銀行カードローンを選ぶ前に知っておきたい知識

 

銀行カードローンは、消費者金融
カードローンと比較した場合、知っておく
べきメリットとしては、

 

借り入れ限度額に対しての設定金利が低い

 

ということが挙げられます。

 

上限金利で比較すると、多くの場合

 

  • 消費者金融カードローン・・・18%前後
  • 銀行カードローン・・・14%台

 

という数字になります。

 

また上限から下限金利のどのテーブルでも、
ほぼ銀行カードローンの方が金利が
低くなるという特徴があります。

 

それによって支払利息が少なくなります。

 

参考 カードローンの金利・利息の仕組み

 

逆に、次のような条件では消費者金融の
カードローンの方が有利といえます。

 

  • 即日(申込日)に融資を受けられる
  • 審査時間が早く、ハードルが低い

 

この2点については、アコムやレイクアルサ(ALSA)
等の大手消費者金融カードローンが持っている
実用性の高いメリットの部分です。

 

銀行カードローンの場合、ユーザーに
とってこの2つの部分が最も申し込みを
するかどうか?のターニングポイントです。

 

この点については、しっかりと認識しておき、
まず最初の申し込みをどの会社で行うか?

 

の参考にしてください。

 

それでは、銀行カードローンでおすすめの
会社を順にご紹介していきます。

 

楽天銀行スーパーローン(カードローン)

 

楽天は、楽天市場楽天トラベルなどでも
認知度が高い会社です。

 

ですので、楽天銀行スーパーローン(カードローン)
も高い認知度・人気度で契約者も多い
カードローンです。

 

貸出限度額による金利の数字

 

利用限度額 借入金利(利率)
800万円 年1.9%~4.5%
600万円以上800万未満 年3.0%~7.8%
500万円以上600万未満 年4.5%~7.8%
350万円以上500万円未満 年4.9%~8.9%
300万円以上350万円未満 年4.9%~12.5%
200万円以上300万円未満 年6.9%~14.5%
100万円以上200万円未満 年9.6%~14.5%
100万円未満 年14.5%

 

※2019年11月現在

 

※他の詳細やお得情報、最新情報に
ついては公式サイトを必ずご確認下さい。

 

金利は利用期間が長いほど下がる場合がある

 

申し込み時の金利設定は審査によって
決定されます。仮に最初の金利が14.5%
であっても、

 

その後、実際の利用状況・返済状況によって
カードローン会社からの信用が大きくなれば、

 

「金利の引き下げ」の通知が来る場合があります。

 

どの位の期間でどの位の金利が下がるのか?

 

については、実際に楽天銀行のカードローンで
キャッシングを体験している口コミが参考になります。↓

 

 

 

借入残高による毎月の返済額

 

楽天銀行スーパーローンは、
「借入残高」によって毎月の
最低返済が変わります。

 

基本的には、

 

借り入れ残高が少ないほど、
毎月の返済額は少ないという
システムになっています。

 

※このシステムはどの銀行カードローンでも
ほとんど同じシステムを採用しています。

 

利用限度額 毎月の返済額
10万円以内 2000円
10万円超30万円以内 5000円
30万円越50万円以内 10000円
50万円超100万円以内 15000円
100万円超150万円以内 20000円
150万円超200万円以内 30000円
200万円超250万円以内/td> 35000円
250万円超350万円以内 40000円
350万円超400万円以内 45000円
400万円超500万円以内 50000円
500万円超600万円以内 60000円
600万円超700万円以内 80000円
700万円超800万円以内 100000円

 

返済額には、「元金+金利利息」が含まれています。

 

先ほど解説したように金利が低いほど、利息が
少なくなるので、元金返済の部分が多くなり、

 

金利が低いほど元金がはやく減少する
ということになります。

 

 

上部topに戻る

事業性融資専用のカードローンを比較。おすすめ2社の紹介

カードローンと言えば、一般的には

 

  • 個人向け
  • 使用使途フリー

 

という条件のものが多いのですが、

 

カードローンの中には、

 

「事業性融資専用」

 

のカードローンもあります。

 

事業性融資とは?

 

会社や個人事業主などのオーナーが
運転資金や事業での経費に必要な
現金の借り入れを求める時に使える
融資のサービスです。

 

法律上は個人向け融資とは区別
されています。ですので、法律上の
総量規制の影響は受けません。

 

※但し、融資の審査はあくまでも個々の
金融会社が行うものでありますので、

 

個人の借り入れがある金額を対象に
考えるかどうか?については各会社が
任意で判断しています。

 

「低金利」なら銀行、急ぎの少額の融資なら「貸金業」

 

事業主が事業性融資を考える際に
希望が多いのが「銀行のプロパ融資」
と呼ばれるものです。

 

金利を2%~5%程度の設定で借り入れを
したい場合には銀行のプロパ融資という
ことになります。

 

しかし、銀行の事業性融資の審査では、
決算書での審査チェック項目が多く、

 

それらの数字をシビアにみられるため、
小規模事業者の事業融資の申し込み
では、審査が通りにくいということが言えます。

 

事業計画書の提出もあり、将来返済が
滞りなく継続できるエビデンスもしっかりと
示すことが必要ですので、

 

ハードルは高いということも言えます。

 

審査通過の可能性を高くする、急いで資金調達をしたいなら貸金業

 

銀行での事業性融資の審査がシビアに
なってしまう理由としては、

 

低金利で融資するというのが
一つの理由であります。

 

これに対して、貸金業の事業性融資では、
銀行よりも簡易な提出書類で申し込みができ、

 

審査の通過率も銀行より高いサービスで
あるのが貸金業の事業性融資です。

 

その反面、金利は高めとなりますが、
突然の資金調達が必要な時、急いで
仕入れ代金を支払わなければいけない
といった緊急時でも、

 

審査から融資実行まで最短で1日半~2日
で完了しますので、緊急ならこちらのサービス
が有効になるといえます。

 

銀行の事業性融資の審査時間等、
実際に融資実行までにかかる日数は
おおよそ3週間~1か月かかります。

 

事業性融資でもカードが使える会社3社がおすすめ

 

銀行でのプロパ融資の場合、事業主があらかじめ
必要な融資金額を提示し、審査を通過したのち、

 

融資される金額全額を口座に振り込みされます。

 

そして、振り込まれた融資金を、利息を付けて
毎月口座引き落としや振り込みで返済していく
という手順になりますが、

 

この方法ではなく、個人向けのカードローンと
同じように、

 

「カードを使って必要な金額だけ借り入れ・いつでも追加・全額返済もできる」

 

という方法が使える貸金業の会社が2社あります。

 

カードローン型事業性融資のメリット

 

 

 

 

最初に大きな金額を借りる必要がなく、
必要な時に必要な金額だけ借りればいいので、

 

借入金額に対しての利息を最小限に
抑えることができます。

 

しかも返済に関しても、引き落とし日に
決まった金額だけしか返済できない銀行
にくらべて、

 

カードを使って任意で追加返済ができる
ため、少しでも早く返済して利息を軽減
できるわけです。

 

余裕ができた時には1日でも早く積極的に
返済ができます。もちろん全額返済したい
のであれば、カードでしてしまうことも可能です。

 

コンビニATMが使える会社も

 

コンビニのATMから借り入れ・返済が
カードでできますので、わずらわしさは
ありません。

 

おすすめのカード型事業性融資の会社3社

 

銀行のビジネスローンでおすすめは、

 

 

です!

 

貸金業なら、

 

  • ビジネクスト
  • オリックスローンカードビジネス

 

この3社の事業性融資はカードが
使える、使いやすいビジネスローンです。

 

詳しくはこちらのサイト・ページで解説
されていますので、ご確認ください。↓

 

 

 

ネット銀行の事業性融資も新しく登場

 

カードが使えなくても、ウェブ上の管理画面で、
やはりカードと同じように必要な金額だけ
いつでも借り入れができて、返済もできる
会社も登場しています。。

 

ジャパンネット銀行のビジネスローン

 

では、無担保・無保証で申し込みができる
銀行としては新しいビジネス型ローンを
展開しています。

 

しかも、金利は13.8%と他のビジネスローンより
低い設定になっています。

 

※但し審査に必要な提出書類や審査
内容は異なります。

 

もし、調べてみたいとお考えの方は
こちらのページを参考にしてみてください。↓

 

 

上部topに戻る

 

無利息期間のあるカードローン比較。最長180日無利息が続く会社は?

 

「無利息期間」とは、初めてカードローン会社
と契約をした場合。契約日の次の日から、
30日・60日・180日と言った期間に限り、

 

金利利息が0円でお金を借りることができる
サービス期間のことです。

 

中でも、「最長の180日間無利息」があるのは
レイクALSA(アルサ)です!

 

60日間・180日間の2つから選ぶことができます。
※無利息限度額が違います。↓

 

 

上部topに戻る

このサイトのカードローン比較取材ページ

カードローンの審査について

カードローン会社を比較する前に、
知っておかなければいけない情報
として、

 

カードローンを申しこむ際の審査

 

があります。

 

お金を借りる際にはほとんどの場合、
審査を受けることになります。

 

この審査が通過すれば、無事カードローンを
作ることができ、融資を受けることができます。

 

審査の詳しい内容については、
こちらのページで解説していますので、
参考にしてみてください。↓

 

 

上部topに戻る

 

カードローンの金利・利息について

 

カードローンの審査に無事通過すれば、
「いよいよお金を借りることができる」
わけですが、

 

お金を借りる場合、必ず支払わなければ
ならない手数料が、

 

金利に対しての利息

 

です。

 

銀行や金融会社は、カードローン等で、
お金を貸すことでユーザーから利息を
もらいます。

 

この利息で収益を得ています。

 

 

 

上部topに戻る

カードローン会社のおすすめはどこ?銀行&消費者金融

 

1、無利息期間があるカードローンのおすすめ会社は?

 

アコム

 

アコムは契約日の翌日から30日間無利息で利用できます。このサービスを受けるための条件は、次の2点です。

 

  • ・アコムの利用が初めてであること
  • ・「35日ごと」の返済コースを選ぶこと

 

30日を過ぎると通常の利息がかかりますが、メールで事前に返済日を知らせてくれるので、返済を忘れる心配はありません。

 

全国に1,000件以上ある自動契約機(むじんくん)を利用することで、平日の15時以降や土日祝日でも即日融資が受けられるメリットもあります。

 

 

レイクALSA

 

レイクの無利息期間は、30日間・60日間・180日間の3つのコースがあります。このサービスを受けるための条件は、次の3点です。

 

  • ・レイクの利用が初めてであること
  • ・60日間のコースはWeb申込のみ
  • ・180日間のコースは借入5万円まで

 

店頭申込なら30日間、Web申込なら60日間は全額無利息です。180日間コースは、5万円以内なら何度借りても無利息になります。

 

長期間無利息で利用できるメリットがあり、少額を借りる場合には特におすすめです。

 

2、金利が低い銀行カードローンのおすすめ会社は?

 

銀行カードローンの金利は最大14.5%までのものが多く、消費者金融の18%より低くなっています金利が低いと利息の支払い額が小さくなります。

 

10万円を借りるとき、金利18%と14.5%では以下のとおりの差が出ます。

 

【30日分の利息】

  • ・10万円×18%÷365日×30日=1,479円
  • ・10万円×14.5%÷365日×30日=1,191円

 

【完済までの総支払額(月1回均等額を返済し、1年で完済する場合)】

  • ・18%の場合 109,966円
  • ・14.5%の場合 107,986円

 

年間で1,980円の差ですが、50万円借りる場合は利息だけで1万円近い差が出るので、馬鹿になりません。

 

三菱UFJ銀行

 

  • ・金利 1.8~14.6%
  • ・借入限度額 500万円
  • ・最低返済額 月1,000円

 

業界差高水準の低金利で利用できる三菱UFJ銀行カードローン。銀行カードローンの中では審査が早いのも大きな特徴です。

 

自動契約機でカードを発行できるので、最短申込翌日に融資可能です。低金利のカードローンを急いで利用したい人におすすめです。

 

毎回の返済額も少額に設定できるので、無理なく返済できます。ただし、返済期間が長くなると利息の支払総額が大きくなることにご注意ください。

 

みずほ銀行

 

  • ・金利 2.0~14.0%
  • ・借入限度額 800万円
  • ・最低返済額 月2,000円

 

上限金利14.0%はメガバンクのカードローンの中では最安です。住宅ローンを利用すれば、さらに0.5%引き下げられます。金利の低さで選ぶならみずほ銀行カードローンが最もおすすめです。

 

審査は三菱UFJ銀行ほど早くはありませんが、みずほ銀行キャッシュカードをそのまま利用できるので、みずほ銀行の口座を持っている人なら早く融資が受けられます。

 

 

※銀行・貸金業からの融資は計画的に。貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。

※貸金業に関するご相談・問い合わせ・苦情は、
日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センターへご連絡下さい。


※銀行でのローンなどに関するご相談・問い合わせ・苦情は、
全国銀行協会相談室カードローン相談・苦情窓口 へご連絡下さい。


  このエントリーをはてなブックマークに追加  
このページの先頭へ戻る