銀行・貸金業のカードローンの利息とは?賢い返済計画は利息計算を返済シュミレーションしておく。

カードローン・キャッシングの利息

 

について分かりやすくご紹介します!

 

ぜひ最後まで読んでみて下さい!

 

 

 

上部topに戻る

 

カードローンの利息ってどういう意味?

利息とは、

 

金銭などの使用の対価として、金額と期間とに比例して一定の割合(利率)で支払われる金銭その他の代替物。利子。→利子(りし) 出展 コトバンク

 

と解説されています。

 

つまり、カードローンでのキャッシングに
おいての利息を分かりやす解説すると、

 

お金を借りると利息が発生し、
元本に追加して返済するお金
ということになります。

 

銀行やカードローン会社はユーザーに
「お金を貸す」ことによって、利息をもらい、
それを収益にしています。

 

※逆に銀行はユーザーからお金を預金
してもらって、利子をつけて支払っています。

 

旅行や商品購入、日時用の生活費や
趣味のサービスを受けるといったシーンで
「現金の持ち合わせがなくどうしても
現金が必要」といった際に、

 

カードローンで手軽にお金を一時的に
借りて救済を受ける、

 

その対価として利息を支払うという仕組みです。

 

マイホーム購入時の住宅ローン、自動車購入
の際のカーローンなどで分割支払いする場合、
利息を支払うことも同じシステムです。

 

利息金額の大小は「借りたお金の額」「金利」に影響する

 

この後に「利息の計算方法」をご紹介
しますが、まず利息の金額の決まり方
として、

 

  • 借りたお金の額
  • 金利の数字

 

この2つが大きく影響します。

 

  • 借りたお金が多いほど利息の支払いは多くなる
  • 金利(年利)の数字が大きいほど利息の支払いは多くなる

 

という関連性を持ちます。

 

そして、実際にお金を借りたときに
利息の大小に最も重要とされる点
として、

 

お金を借りている日数が長くなるほど利息は多くなる

 

ということです。

 

極端な話、借りたお金が多くても、
金利が高くても、お金を借りたその日に
返済をすれば、利息は0円となります。

 

実際にカードローン会社からお金を
借りた場合、借りたその日に返済する
ことができますし、

 

その日に返済すれば事実利息は0円で、
借りたお金の元本のみの返済となります。

 

※ごく一部の会社によってはその日に返済できない場合がある

 

上部topに戻る

キャッシング・カードローンの利息の計算方法

カードローンでお金を借りる時の
利息の計算方法は、

 

「利用金額×年利÷365日(1年間)×ご利用日数」

 

で算出できます。

 

10万円を金利(年利)18%で10日間お金を借りた場合

 

先ほどの計算式に当てはめてみると、

 

  • 100,000円×18%=18,000円(1年間の利息)
  • 18,000円÷365日=約49.31円(1日の利息)
  • 49.31円×10日間=約493.1円

 

10万円のお金を金利18%で借りて、
10日後に10万円返済すると、

 

約493円の利息

 

が必要となりますので、総合計返済額は
100,493円となります。

 

上部topに戻る

利息を出来るだけ小さくするには?カードローン会社の上手な選び方

利息は借りたお金以上の支払い
となるため、できるだけ小さくなるよう
にしてお金を借りることが重要です。

 

実際にカードローンでキャッシング、
お金をお借りる場合の会社の選び方
として、

 

利息も含めて、他のチェックポイントを
考慮しながら探していくのが必須です。

 

手順1 金利が低いカードローンを探す

 

まず、金利の低い貸金業のカードローン会社か
銀行のカードローンを探して比較してみましょう。

 

 

手順2 審査の難易度を確認

 

実はこの「審査」はカードローンでお金を
借りるうえではかなり重要です。

 

なぜかといいますと、審査に通らなければ
いくら金利が低くても、お得なサービスが
あっても、その会社からお金を借りることは
できないからです。

 

カードローンの審査については、
こちらのページを参考にしてみて
ください。↓

 

 

手順3 お得なサービスのある会社を選ぶ

 

実際にお金を借りる場合、利息をできるだけ
下げるためには金利のチェックが大事ですが、

 

先ほど解説した通り審査も検討余地に
入れて考えます。そして条件のそろった
段階で、

 

いくつかの会社の「お得なサービス提供」
の内容も結構重要です。

 

この「お得なサービス」はいろいろとあるの
ですが、中でも「初めての契約の場合は
一定期間利息0円で借り入れができる」

 

というサービスを提供している会社があります。

 

これぞまさに、利息を0円にできる裏ワザとも
いえるものです。

 

 

上部topに戻る

※銀行・貸金業からの融資は計画的に。貸付条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。

※貸金業に関するご相談・問い合わせ・苦情は、
日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センターへご連絡下さい。


※銀行でのローンなどに関するご相談・問い合わせ・苦情は、
全国銀行協会相談室カードローン相談・苦情窓口 へご連絡下さい。


  このエントリーをはてなブックマークに追加  
このページの先頭へ戻る